玉井寛男

玉井寛男(たまいひろお、1936年~)は、日本のアニメプロデューサー、元CMディレクター。

人物・来歴

1936年、東京府(現:東京都)に生まれる。
もともと映画少年で、一度は就職するも、映像の仕事に関わりたくなり、コマーシャルアニメの制作会社へ転職し、セル画の彩色の仕事をするようになる。その会社が倒産したため、1959年に下落合アドフィルム(現・プロダクション・サーフ)の設立に参加する。その後、1975年にCM制作会社・東洋映画を設立する。
下落合アドフィルムは、後にテレビ映画部を発足しており、玉井は同社が製作した連続テレビアニメーション映画「風のカラッペ」に関わり、「音響デレクター」とクレジットされ、同作は1971年(昭和46年)10月4日~1972年(昭和47年)3月31日に放映された。このテレビ映画部はやがて廃部、SAF資本を離れ、斎藤孝仁が代表を務める共同プロダクションになり、同社が製作し、1977年3月19日に公開された劇場用映画「バカボンおそ松のマンホール大冒険!」では、玉井も「企画」として参加、 東宝の山田順彦とともにクレジットされた。同社はやがて解消され、テレビ下落合映画社として1977年(昭和52年)9月に改めて設立され、同社が製作し、1978年12月31日に放映されたテレビアニメ映画「藤子不二雄・銀河鉄道7日間宇宙一周の旅」では総指揮、1986年から放映されているテレビアニメ映画「たまねぎたまちゃん」ではプロデューサー、1988年から放映されているテレビアニメ映画「のらガキ」では企画とそれぞれクレジットされた。

  • 最終更新:2017-02-18 00:55:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード