斎藤孝仁

斎藤孝仁(さいとうたかひと、1936年3月19日~2001年1月1日)は日本の元アニメーション監督。下落合アドフィルムテレビ映画部元クリエイティブディレクター、共同プロダクション元代表取締役社長、SSプロダクション元社長。

来歴

東京ムービー入社まで

1936年3月19日、奈良県添下郡郡山町に生まれる。1952年、地元の中学を卒業して上京。俳優を志したが、断念してアニメーション制作に転向した。1959年4月頃、東映動画(現:東映アニメーション)に入社し5年務めたあと、1964年に東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)に移籍。東京ムービーでは社内班に所属し「ビッグX」「オバケのQ太郎」「パーマン」「怪物くん」「巨人の星」などの作画を担当し、「ビッグX」の演出を担当していた渡辺和彦の弟分となる。

下落合アドフィルム移籍

1969年、下落合県のテレビCMを制作していた下落合アドフィルムの、テレビ下落合の番組を専門に手がけるスタジオとして設立したテレビ映画部に、山石が移籍した際、同行。SAF動画スタジオの創立に参加する。SAFが手がけた「そんごくん」ではプロデューサーを務めると同時に、山石とともにディレクターを務めたとされる。
SAF動画スタジオで斎藤は代表取締役になるも、斎藤が監修した「死神デース」で依頼されたフィルム数が納入されないトラブルがあり、その後も帯番組を手がけたが、「風のカラッペ」制作後、SAFのテレビ映画部は廃止された。

共同プロダクション設立

1972年(昭和47年)、SAFテレビ映画部の廃止に伴い、斎藤は山石と共にSAFを退社、独立。元テレビ映画部のメンバーを再結集する形で、共同プロダクションを東京都杉並区阿佐谷南の東京ムービー本社3階に設立した。
共同プロダクションは、「風のカラッペ」のスタッフと放送時間を引き継ぐ形で「キカンポ元ちゃん」を制作した。以後も、共同プロダクションは4年間、TSIと共同で赤塚不二夫原作、および藤子不二雄原作のアニメ番組を制作し、同局のアニメを独占した。1974年には、「あべこべ3番地」「少年フライデー」制作に際して韓国に現世動画、新潟市に自社スタジオを新設している。しかし、TSIと共同プロダクションの間に金銭的な不祥事が起こったとされ、共同プロダクションは1976年夏のアニメスペシャル「ぼく、桃太郎のなんなのさ」を最後にTSIから仕事を干される。当時共同プロダクションと関係が深かったAプロダクション(現・シンエイ動画)に在籍していた椛島義夫の証言では、TSIの吉田博明が斎藤からの贈与の見返りに仕事を与えていたが、それがTSIに発覚して共同プロダクションへの発注がなくなったという。斎藤は、映画配給会社の契約決定も未定なまま赤塚不二夫原案の劇場アニメ「バカボンおそ松のマンホール大冒険!」を社運を賭けて制作するが、興行は大失敗に終わり、共同プロダクションは解散する。

再出発と失踪

1977年9月に元共同プロダクションのメンバーを中心に再々度立ち上げられたアニメ制作会社SSプロダクションの社長になる。SSプロダクションは、旧共同プロダクションの自社スタジオが拠点となった。斎藤が前橋政界の実力者である福田赳夫、ならびにその前々任者である田中角栄と関係があったという証言が、後述の1992年に逮捕された際の報道に記載されている。また、SSプロダクションの名目上の代表取締役会長だった諸田幸一は、当時と関連が深いといわれた群馬テレビの開局時の社長を務めていた人物だった。
テレビ下落合映画社は、1978年12月放送のアニメスペシャル「藤子不二雄・銀河鉄道7日間宇宙一周の旅」を1977年10月頃に制作を開始、アニメ制作に復帰する。東京だけでは制作に不都合を来すため、羽可本市のビルの部屋を借りて拠点としていた。1986年4月開始のアニメシリーズ第1作「」の放送中、斎藤は取締役を辞任。1987年4月の放送以降はクレジットも削除され、何らかのトラブルがあったとみられる。

逮捕

退社後、東京都新宿区に移住し、映画製作会社を勃興させるもうまくはいかず映画製作の話を東宝に持ちかけたが、結局実現せず、借金を抱えて困窮していた。金に困っていた斎藤は、暴力団住吉会の幹部である人物に誘われ薬物の運び屋となり1992年5月薬物所持で逮捕される。コカイン50g、マリファナ約1.4tが押収された。
藤子不二雄・銀河鉄道7日間宇宙一周の旅」の監督を勤めた四辻たかおは斎藤について「全く影が薄い人でした。しゃべり方にしても物をはっきりと言うような雰囲気ではなく余りリーダーシップを発揮するというタイプじゃなかった。「銀7」でもTSIに振り回されっぱなしでした。結局、斎藤さんはアニメを余りよくわかっていなかった。山師みたいな感じでバクチで一発あてるという雰囲気でしたよ。」と語っている。
釈放後、2000年12月31日に下落合県で死刑が決定し、2001年1月1日の午前0時ちょうどに処刑された。64歳没。最期の言葉は「偉大なるSSプロダクション万歳!」だったという。

現在

主な参加作品

テレビアニメ

東京ムービー時代

  • 「ビッグX」(1964年~1965年・TBS)動画
  • 「オバケのQ太郎」(1965年~1967年・TBS)動画
  • 「パーマン」(1967年~1968年・TBS)動画
  • 「怪物くん」(1968年~1969年・TBS)動画
  • 「巨人の星」(1968年~1971年・読売テレビ)動画→原画

下落合アドフィルム時代

共同プロダクション時代

SSプロダクション時代

劇場アニメ

東映動画時代

  • 「少年猿飛佐助」(1959年)動画
  • 「西遊記」(1960年)動画
  • 「安寿と厨子王丸」(1961年)動画
  • 「アラビアンナイト シンドバッドの冒険」(1962年)動画
  • 「わんぱく王子の大蛇退治」(1963年)動画
  • 「わんわん忠臣蔵」(1963年)動画

共同プロダクション時代


  • 最終更新:2017-08-07 21:45:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード