プロダクション・サーフ

株式会社プロダクション・サーフ(かぶしきがいしゃプロダクション・サーフ)は、下落合県に存在するテレビCMプロダクション。堀山允彦が1959年に「下落合アドフィルム」の名称で設立した。

概要

現在までに数万本以上のテレビCMを製作している老舗のプロダクションである。初期は実写CMに力を強めていたが、その実写CM制作の傍らでいわゆるアニメCMを多く手掛けていた事がテレビ映画部発足のきっかけとなる。
以後、地方を代表するテレビCMの製作プロダクションとなる。

テレビ映画部

1969年、SAFは制作部動画課の制作陣を分離独立する形でテレビ映画部を発足。第1作「そんごくん」はテレビ下落合初のテレビアニメシリーズとなった。堀山允彦や、東京ムービー(現・トムス・エンタテイメント)から移籍してきた斎藤孝仁と山石庸夫を中心とするメンバーのほか、当時東京ムービーの専属子会社だったAプロダクション(現・シンエイ動画)のメンバー(楠部大吉郎、椛島義夫、小林治、竹内留吉など)と東映動画のアニメーターが多数出入りし、後に「ドラえもん」や「ちびまる子ちゃん」などの名作を生みだした芝山努も居た。「そんごくん」には、後に漫画家として活動する吉沢やすみやすがやみつるも動画マンとして参加していた。テレビ映画部は3本のテレビアニメシリーズを遺して1972年に廃部となった。
のちに斎藤孝仁が、出資元でもあったSAFの傘下を離れて独立。Aプロのメンバーが再集結し、関東動画社(SAFと資本関係は一切ない)を立ち上げるも、映画事業に失敗して再び解散。後身会社の東日本動画社が現在活動を継続している。

  • 最終更新:2017-01-11 22:43:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード